読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイル共有ソフトで前科者になった

shareで漫画をアップして摘発され前科者になったので、体験したことを書いてく

ファイル共有ソフトで前科者になった -その23- 〈検事調べ-1〉

俺の反省具合や被害者への謝罪や社会的罰について検事から聞かれるかと思い、出版社及び作者への謝罪及び被害賠償申出の手紙のコピー、会社への非違行為報告書のコピーを準備する。
午前中まで仕事だったのでワイシャツにスラックスの格好のまま行く。(カジュアルな私服よりこのほうが印象が良いのではないか、という思惑もある)

約束10分前に検察支部に着。
受付に声をかけ中に入ると、4つの取調室が並び、それぞれに主任検事名が書かれている。
ここの支部、こんなに検事がいたのか。ちいさな街だから支部長と部下の2名くらいかと思ってた。

もし逮捕されてたら、留置所から手錠をされたまま護送バスで連れられてきて、自分の順番になるまで固い木の椅子で身動きも話もできず半日座って待たないといけなかったわけで、逮捕されなかった有りがたさをかみしめる。

指定された部屋にノックして入ると、正面に検事、横に検察事務官
検事のラフな見た目にびっくり。30代前半くらいの年齢で、肌は浅黒く髪はウェーブがかかったロンゲで、確かポロシャツにチノパンを履いてて、横浜あたりのビーチでサーフボードを持ってても違和感がない。想像してた検事像と全く違っててほんと驚いた。
もちろん表情には出さない。
検察事務官はもっと若くて20代後半から30代前半くらいで、こちらはきっちり髪を整えてネクタイを締めて生真面目そう。

「お手数かけております。よろしくお願いします。」と挨拶して着席し、本人確認をされたあと検事からの質問に答える形で進んでいく。