読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイル共有ソフトで前科者になった

shareで漫画をアップして摘発され前科者になったので、体験したことを書いてく

ファイル共有ソフトで前科者になった -その3- 〈家宅捜索2〉

「堀内さんはここに」という若手刑事の指示に従い俺は玄関前の廊下に立ち、最初の二人の刑事に続いて、後続の車から四人の若手捜査員が降りてゾロゾロと入ってきた。マンガで「ドヤドヤ」と効果音がつきそうな光景。俺は廊下に立ってそれを見るだけだ。

若手の刑事にリビングに入るように言われ、指示のまま動く。
すぐに後続の四人がリビングを捜索しはじめた。
最初の刑事二人は背広姿だが、後続の四人はTシャツ、ジーパン、作業着といったラフな格好で、そこらへんにいそうな若者のようで、刑事には見えない。

自分の家の中に自分の意思と関係なく赤の他人が入ってきて、あちこちの扉を開けられ引き出しを開けられ中の物を取り出され隅々まで見られるというのは、非常に屈辱的で情けないが、向こうは法律に従って動いてるのでどうしようもない。邪魔したら公務執行妨害で罪を重ねるだけだ。
たまたまこの時、妻が数泊の旅行に行ってて家にいなくてよかった。こんな情けなくみっともない状況を妻に体験させなくて済んだのは不幸中の幸いだ。

若手刑事から俺の居室はどこかと聞かれ案内すると、リビングに二人残したまま二人の捜査員が捜索を始めた。
このとき、パソコンは数日前から起動中で、まさにshareも稼働中だった。
刑事がモニターの電源を入れるとshareのウィンドウが表示された。shareでダウンロードしたマンガは、キャッシュではなくアップロードフォルダに入れて共有しており、この状況で言い逃れなどできず、素直に認めるしかなかった。(後述するが、この諦めからきた素直さは逮捕されないことにつながったかもしれず、かえって俺にとっては良かったかもしれない。)
刑事から聞かれるがままにフォルダの場所や内容を答えていく。
刑事がデジカメを取り出し、共有フォルダ画面や稼働ログ画面を撮影していく。
刑事の指示でパソコンの横に立ちモニターを指差すと、その俺が入るよう引きで写真を撮られる。まさに「容疑者」で、とても情けない。

光ファイバーCTUからルーターまでのLANケーブルの配線も聞かれ答えると、それも指差すよう言われ、その姿勢のまま固まって写真を撮られた。
目線のやり場に困る。カメラを見ろという指示は無かったので、うつむいていた。とてもしょぼくれた表情が写ってるんだろう。

2階には寝室や妻の居室があると説明し、容疑のファイル共有ソフトは自分だけが使っていて、妻はリビングに置いてあるノートパソコンしか使ってないと説明したが、2人の捜査員が階段を上がっていき、妻の部屋と寝室も捜索されたようだ。
俺のせいで妻のプライバシーが暴かれてしまい、とても情けない。

share稼働状況の撮影が終わると刑事がパソコンの電源を落とした。パソコンから延びてるケーブルの外し方を説明すると、捜査員二人がかりでパソコンを大きな段ボール箱に入れ(タワー型だが、段ボールの高さギリギリだった。入りきらなかったらどうしたんだろう?)ガムテープで口を閉じたあと、ガムテープの上に白紙のシールを貼り、俺が日付と名前を書きシールに黒インクで指印を押して封印した。封印を指差すよう言われ、また写真を撮られた。

俺は最初から最後まで立ったまま刑事から聞かれたことを説明するだけで、パソコン(に限らず家の中の物すべて)に一切触らなかった。証拠隠滅を防ぐためだろう。
よく掲示板の雑談で「何かあったときのために、ワンクリックでPC内のデータ全消去するソフトがあるといいな」なんて書き込みを見るけど、家にやってくるとき彼らは「警察です」なんて自己紹介しないし、こっちは誰か来て名前を呼ばれても警察だなんて思わないし、玄関に出たら令状を提示されて、そこからは刑事の指示通りにしか動けないから、意味ないな。
パソコンを操作しようとしたら刑事は必死に止めるだろうし、その状態で刑事の体に触れたら公務執行妨害で現行犯逮捕だ。(ただ、自身の犯罪に係る証拠隠滅は罪にならないらしい。情状は悪くなるだろうけど。)