読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイル共有ソフトで前科者になった

shareで漫画をアップして摘発され前科者になったので、体験したことを書いてく

ファイル共有ソフトで前科者になった -その2- 〈家宅捜索1〉

2月某日(平日)
いつものように朝7時に起きて、7時半ごろ、朝食前に毎日の日課として庭の草木の成長を見回ろうと玄関から庭に出た。
家の真ん前にバンが駐まっている。俺の家は住宅街の中で、見知らぬ車が家の周辺に駐まることは滅多にない。
『なんだろう、怪しい車だな。動く様子はなさそうだ。いつまで駐まってるんだ?』
といぶかしみ、車を『俺はお前を警戒しているぞ』アピールを込めてジロジロ見る。中は暗いので良く見えないが、運転席と助手席にいる二人の男が俺を見て何かを話しているのはわかった。

車が動く様子はなさそうだ。
眼力で車を去らせることはあきらめ、庭の目につく雑草を腰をかがめてブチブチ抜いていく。
車の二人が降りてきた。二人ともスーツ姿で、20代後半くらいの若い男と、白髪まじりで50代くらいの男。

年長のほうが、門の向こうから声をかけてきた。
「堀内○○さんですか?」
「はい」
「私、警察の者です」
 と警察手帳を示している。刑事だ。『何か周辺で事件があって聞き込みに来たのかな?』と思う。
「堀内さんに、著作権法違反の容疑で家宅捜索令状が出ています。中に入れてください。」

ぐわんと、世界が揺れる。
全身の血管がキュッと縮まって全身がヒヤッと冷たくなる感覚で、まさに”サーと血の気が引く”状態。
彼らから見たら、俺はよろけてたかもしれない。

著作権法違反と聞いた瞬間に「shareのことだな」とわかった。自分のしていることはわかってた。
裁判所の令状がある以上、何も抵抗はできない。
俺が門を開けて二人が玄関前に立つと、年長の刑事が携帯電話をかけ、近くで待機していたらしいもう1台の車がやってきた。
おそらく2台そろってから俺を呼び出す予定が、俺が先に外に出て車を怪訝な目で見てたので、家の中に戻られる前に急いで声をかけてきたんだろう。

そのまま玄関のドアを開け二人を玄関に入れると、年長の刑事が家宅捜索令状を提示して読み上げた。
頭に血が登ってるような思考能力の低下した頭でぼーっとそれを聞きながら
『そうか、来たか。こうなった以上は仕方ない。』
と全て受け入れたような、投げやりのような、諦めの思いでいっぱいになる。