読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイル共有ソフトで前科者になった

shareで漫画をアップして摘発され前科者になったので、体験したことを書いてく

警察からの取調べ

ファイル共有ソフトで前科者になった -その25- 〈押収品返還、弁護士報酬〉

検事取調べの翌日、××警察署の刑事から電話がきた。 押収品を返還するので受取りに来てほしいとのこと。なるべく妻も一緒に来るようにと。 夕方6時に約束。 仕事から帰って妻と一緒に車で警察署に。 生活安全課の相談室で待っていると、刑事が大きな段ボー…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その19- 〈警察での取調べ5回目以降〉

その後2回の呼び出し取調べがあった。 これまでの青色天使3冊に加え、余罪として別のマンガ2冊が追加され計5冊になった。 「余罪がたくさんあるけど、全部捜査するのは物理的に不可能なので、これだけ追加する」と刑事。 HDDを解析した結果に基づいて内…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その17- 〈警察での取調べ4回目〉

翌日の同じ時間、××警察署に。すっかり見慣れた建物だ。 部屋の封印を剥がして入室。クローン作成は無事完了していた。 もうHDDが壊れて証拠品が失われる妄想にひたれなくなった。 若手刑事と技術捜査員がオリジナルのHDDをパソコンに戻し、箱をシールと指印…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その16- 〈警察での取調べ3回目〉

毎日、「大地震が起きて俺のパソコンが証拠物保管庫の棚から転落して壊れないかな」「東日本大震災クラスの大災害が起きてHDD解析前に俺の事件どころじゃなくなって捜査中断して不起訴にならないかな」なんてありえない妄想をしてた。 この先どうなるのか不…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その15- 〈警察での取調べ2回目〉

1週間後の2月下旬。 2回目の取調べ。午後いっぱい有給休暇をとって約束の10分前に前回と同じ××警察署に着。 今回も同じ取調室に。 前回に要請されていた俺の出退勤簿・休暇簿のコピーを提出。 shareの稼働ログ、警察が傍受した通信記録と俺が自宅にいた…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その11- 〈警察での取調べ1回目-4〉

次回の取調べは1週間後となった。平日の午後イチで半日年休を取ることになる。 俺の勤務状況を確認したいとのことで、出退勤記録簿と有給休暇簿のコピーを持ってくるよう言われる。 (後からネットで調べると、会社に家宅捜索をかけて押収することも可能な…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その10- 〈警察での取調べ1回目-3

年配刑事からの聴取中、若手刑事は箱から押収したパソコンを取り出し、警察のモニターにつないで内容を確認している。 俺のパソコンには ①OS、アプリ本体 ②自分で撮影した動画や写真 ③shareキャッシュフォルダ&ダウンロードフォルダ ④shareでダウンロードし…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その9- 〈警察での取調べ1回目-2〉

家宅捜索のときに容疑内容(shareの稼働と共有フォルダ設定)を裏付ける証拠を完璧に確認され、俺も素直に認めてたせいだろう、刑事ドラマのように怒鳴り声で「お前がやったんだろう!」と机を叩いて怒鳴ることはなく、年配刑事は落ち着いた声で淡々と話して…

ファイル共有ソフトで前科者になった -その8- 〈警察での取調べ1回目-1〉

警察署に向かう前に、逮捕に備えて荷造りする。 小さな手提げバッグに、着替え(パンツ、靴下、長袖シャツ、ももひき)、歯ブラシ、電動ひげ剃り、ボールペンと大学ノート(取調記録ノートとして使う)を入れて、留置場生活に備える。 留置場では自殺防止の…